読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界でいちばんNGな恋 感想

レビュー、感想とか

久しぶりにプレイしました>挨拶

 

なんだか事あるごとに”久しぶり"ってつけてしまう癖があるように思えるレイシアですが、今回ばかりは本当に久しぶり。と言うのも去年12月以来ようやくまともに攻略完了した作品である、と言うだけでなく実に6年ぶりにプレイした作品と言う意味でもあったり。


世界でいちばんNGな恋 OPムービー - YouTube

初めてプレイした時はどちらかというと年齢的にも精神的にも美都子ちゃんに近くて、事あるごとにまだ20代である事を強調する主人公リストラさんこと理くんを見て見苦しいぞ!とはやし立てたり、離婚しておいてなお未練タラタラな先生や美都子に対して嫉妬する職場の同僚夏夜さん達年増ーズお姉さん方をかなーり冷ややかな目で見ていたりしたものです。

ところが月日の流れと言うのは残酷なもので、自分も気付けば今や 夏夜さんを追い越し、理くんの事も笑えない年が近づいてきてしまいましたとさorz

f:id:laceon:20150226234751j:plain

だよね…もう20越えたらおじさんと呼ばれてもおかしくないんだよね……とプレイしているだけで別の意味で心にグッサグサ来ましたよ!!w

ああ、若いって素敵だなぁ……。。

 …………

……はっ!?いけない、思わず現実逃避してしまいそうに!?

 

人の思考とか価値観とかって良くも悪くも心身の成長や取り巻く環境の変化によって大きく変化していく物ですが、この作品に関して幸いにも自分は大きく異なる”大人と子供”の二つの価値観でもって作品を味わうことが出来たのは幸せな事だと思います。時間を空けて再プレイすると言うのもとっても大事なことだなぁ、と改めて。

さぁ、そろそろいい加減いろセカヒカをプレイし直してしっかり感想書かなきゃ

 

前置きが長くなりましたが感想っぽいものを少し。

 

本作のタイトル、一体全体なにがNG(ダメ)なのかというと、大家さんことメインヒロイン美都子ちゃんがどう考えても〇学生だという事と主人公の被保護者である、と言う事。

普通エロゲーマー的には中〇生のロリっ子ヒロインなんて見慣れたもので、いやむしろ”はじめてのシリーズ”みたいに流石に小○生だったら引いちゃうかもしれないけれど、〇学生ならもう第二次性徴も始まってそれこそ程よく成長してきた食べごろの……おや?誰か来たようだ。

 

こわいひと「エロゲの登場人物はみんな18歳以上、いいね」

ぼく「エロゲの登場人物はみんな18歳以上」

こわいひと「よし」

…………

…… 

――はっ!?えっと、何の話だっけ?そうそう、美都子ちゃん!

美都子ちゃんとは他のヒロインシナリオ内で赤の他人から保護者、被保護者の関係をどんどん築き上げて行くわけだけど、そのおかげでいざ美都子ちゃんシナリオに入った頃には主人公もプレイヤーもすっかりこの子が自分の娘みたいに思えてしまう。この子と恋仲になりたい!と言うよりはこの子の成長を見守りたい、と言うある種の保護翼と言うか、父性に駆られる。一方逆に美都子ちゃん的には最初は頼りなくて自分が助けてあげなきゃ!と言う母性本能のようなものを刺激しまくるリストラさんの頑張りを見ているうちにこっちは逆に恋に落ちてしまう。しかもその恋は思春期真っ只中な彼女にとって美酒のような、10以上年上の父親代理とのイケナイ恋愛。

この持って行き方は本当に上手いです。

 

基本的に丸戸節全開で、不思議要素は一切介入することないにもかかわらず、テラスハウス陽の坂で巻き起こる波乱万丈のドタバタ日常劇を一文一文読ませる良質なテキストで描かれています。

突飛なギャグとかはないのですが笑えるシーンも多く、本当に読み物として成り立っているように感じました。那珂でも無駄に岐阜ネタが満載で関西人としては楽しめましたが、自虐っぽいので地元の人にはどうなんだろう、と思いましたがw

そしてなんといっても、みんなそれぞれに事情を抱えているんだけれど、常に前向きで解決しようと全力で取り組む登場人物たちみんなに好感が持てます。

ヒロインズはもちろん、御隠居はじめ陽の坂三人衆、姫緒のボディーガード佐々木。

一部の悪役とかある意味発端ともいえる例の人を除くとサブキャラまでみんないい奴ばかりです。

そして何よりも主人公、リストラさん改め芳村理。この人良主人公過ぎませんか。

ちょっと頼りないし優柔不断なんだけど、でも芯の部分はしっかりしていて絶望的な状況に至ってもあきらめず頑張り抜き、最後には勝利を掴み取る。5回コールド負けを降雨ノーゲームに持っていく天才と言われるだけあります。

なにか特別なチカラに目覚める訳でも実はとある王族の血を引いているわけでもないけれど、この物語は芳村理が主人公だからこそ成り立つのだと納得できるし、揃い揃ってヒロインズが彼に惚れ込むのも分かります。

 

イチャモンをつける事無く心から面白かった、と言える作品に”久しぶりに”出会えました。……いや、この場合再会したと言うのが正しいのか?(ぇ

最後にキャプチャを並べてお茶を濁したいと思います。ネタバレ等は無いのですが、ネタっぽいのばかりになってる気ががが

 

ではまたーノシ

 

f:id:laceon:20150226234831j:plain

f:id:laceon:20150226234920j:plain

f:id:laceon:20150226235024j:plain

f:id:laceon:20150226235045j:plain

f:id:laceon:20150226235254j:plain

f:id:laceon:20150226235237j:plain

f:id:laceon:20150226235421j:plain

f:id:laceon:20150226235111j:plain