読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島旅行

ブログ

ただいま大阪!>挨拶

13日から14日にかけて広島へ旅行へ行ってきました。ということで以下は写真と共にだらだらと。

単に早く行くだけなら新大阪から広島へ新幹線で一発なんですが、利用する区間を福山-広島間に抑えてしまう事で4000円浮かせてあとは18切符を利用、と言う交通手段は大変勉強になりました。さすが旅慣れしている人は違いますね。

最初は大阪から姫路までJR新快速で出て、その後福山駅まで新幹線で。

福山駅で降りて周辺を散策。福山城に加えて艮神社を観光。

これがかみちゅ!とかキス恋の聖地かぁー……ってあれぇ?全くお社の姿形が違うんですけど!?!ってリアルに悩みましたがそれもそのはず、艮神社は複数あってモデルとなっている神社は尾道駅から10分の場所でしたとさorz

帰りに尾道に寄れたんですが時間が押していて結局いけませんでしたが……。。しっかり事前にチェックくらいしとけよぉおお

と自分の愚かさを嘆きつつも呉駅へ到着。途中山陽本線の車両が地元の路線で以前使われていた車両の同型で盛り上がったり。

海上自衛隊呉史料館、通称てつのくじら館!実際に海自で日本の国防を担っていた潜水艦あきしおの実物がデーンとお出迎え。てつのくじら…なるほど、よく言った物ですね!こんなものが世界中の海中を潜航して我々の見えないところで牽制し合っているというのはロマンあふれますね。

f:id:laceon:20150313155510j:plain

 入場無料というのも嬉しいところ。館内は海上自衛隊の成り立ちや仕事の紹介が主な展示内容。最近集団的自衛権の解釈と共にニュースなどで取り上げられる掃海任務についても詳しく解説されてました。戦後混乱期の任務は想像を絶する苦労をされていたんだろうなぁ、としみじみしつつも実際にあきしおへ乗船!

f:id:laceon:20150313154612j:plain

 防諜上の理由で入れる区画はごく一部分だけですが、潜望鏡も実物が展示されていて実際に見る事が可能です。

そして次は本命、お向かいの大和ミュージアムへ!

外観には戦艦陸奥の砲身と主舵、スクリューが展示されています。

f:id:laceon:20150313155705j:plain

うひゃーでかい!とにかくでかいぞむっちゃんの主砲塔。

f:id:laceon:20150313155751j:plain

艦砲射撃の際にはこの鉄の塊が空を仰いでいたんですね。すっげーとテンションも上がりつつ館内へgo!

f:id:laceon:20150313155907j:plain

入った途端大和がお出迎え。この大きさで十分の一なんですよねぇ……。

f:id:laceon:20150313160326j:plain

f:id:laceon:20150313172751j:plain

f:id:laceon:20150313175047j:plain

館内は大和に関するものは勿論、太平洋戦争前後の歴史と呉海軍工廠の成り立ちと建造した艦にまつわる話など多岐に及びます。

戦艦金剛のヤーローボイラー。でかい!(そればっか

当然っちゃ当然なんですが、戦艦の主な動力は蒸気機関。重油と石炭を燃やした熱で得た水蒸気でタービンを回していたわけです。要するに蒸気機関車のでっかい版と言うことなんですが、金剛型ではこのボイラーが36基も搭載されていたそう。ボイラーはその後国産化され、長門や大和にも搭載されます。

f:id:laceon:20150313161145j:plain

金剛の百分の一モデル。他にも多くの艦のモデルがありましたが全部乗せるときりがない為一部だけを。しかしまぁとんでもないクオリティですね。もはや芸術品だ…。

f:id:laceon:20150313162106j:plain

なんというか…もうね……。。

館内にはこれ以外にもドイツへ技術交流で訪れていた士官がドイツの降伏に際して自決した話など、見ていて胸が苦しくなるような戦争における悲劇的な逸話も数多く展示されていました。改めて今こうして平和にのうのうと生きていられるのは数多くの先達の尊い犠牲の上に成り立っているんだなぁ…と。本当にありがたいことです。

f:id:laceon:20150313165818j:plain

これだけ多くの目的に応じて艦種を作り分けていた技術力の高さは伊達じゃないです。

それに大和に関しては機密中の機密だったため、作業員への情報も徹底して管理していたわけですが、あの大きさの船を秘匿しつつ作り上げることが出来た生産管理技術にも驚かされます。

f:id:laceon:20150313171727j:plain

ぱんぱかぱーん!高雄型まで来ると艦橋の構造が近代の艦船に通じるものがありますね。数ある重巡の中でも一番好きかもしれません。

f:id:laceon:20150313174408j:plain

おっそーい!40ノット出るんですよね、この子。

f:id:laceon:20150313174544j:plain

カタパルトが不調じゃと!?

f:id:laceon:20150313174643j:plain

海の違法建築。見ていてちょっぴり不安になりますw

f:id:laceon:20150313174434j:plain

はい、榛名は大丈夫です!

f:id:laceon:20150313174741j:plain

ここで閉館時間。慌ただしくお土産を購入して出ましたが、てつのくじら艦とどちらも2時間ずつ寄ることが出来て結構しっかりと見物できました。平日と言うこともあってか人がまばらでゆっくり展示を見ることが出来たのは嬉しかったですね。

その後広島駅近くのホテルで一泊。晩御飯は駅近くで広島焼き。目の前で焼いてくれたのですが、手順をメモっておいたのでまた自分で試してみようw

f:id:laceon:20150313202917j:plain

翌日は宮島観光。朝早く出発の予定でしたが、遅くまでお酒を飲みつつ暴れて?いたので11時出発になってしまいました。いや、楽しかったですけどw

f:id:laceon:20150314141050j:plain

宮島口から船で10分ほど、あっという間です。

f:id:laceon:20150314115410j:plain

朝は曇っていたようですが、天候にも恵まれ厳島神社の鳥居の美しい姿を拝むことが出来ました。

その後帰路途中で尾道によってラーメンを食べましたが、魚介と醤油の効いたあっさり系した。こういう系統の味って豚骨の濃い味と比べて直感的にメチャ美味しい!とはならない為味付けが難しく、普通に食べれるだけで結構レベルは高いんじゃないかなー、なんて思ったり。(いやぁ和歌山ラーメンの悲劇の二の舞にならなくてよかった

 

実は今回の旅は何となくどこかへ行きたい!と半ば思いつきで、準備期間も短かったにもかかわらず共に旅をしてくれた大学の友人にこの場を借りて感謝を!

目的地に広島を選んだのも大和ミュージアムにいけたらいいなぁ、という程度だったのですが大河毛利元就を見て以来一度行ってみたかった厳島神社にもお参りすることが出来、無事その目的は果たせました。ぶらり旅に出るっていうのもいいもんですね!また適当にどこか行ってみたいなぁ……。

 

ではまたーノシ