エロゲ環境向上計画③ PCオーディオの基本構成

第三回!>挨拶

前回の記事で音の出口はスピーカーかヘッドホンだと書きました。自身に適したものを選べたとして、じゃあそれを購入すればすぐにでも素晴らしい音が出るか?!というと残念ながらそうではありません。他にも必要な機材があります。
細かい説明はおいおいするとして、まずは概要を示してみます。

PC――――→ DACプリメイン(orヘッドホン)アンプスピーカー(orヘッドホン)
デジタル信号|―――――――――アナログ信号――――――――――|

このコーナーの目的はエロゲ環境を向上すること。と言う事は音源は自然とパソコンと言う事となります。
パソコンではデジタルデータとして音源が収録されていますが、それを我々がスピーカーで聞くためにはアナログデータへと変換してやる必要があります。このデジタル信号をアナログ信号へと変換を担うのが、DAC(Digital-to-analog converter デジタルアナログコンバーター)です。
最近こそPCオーディオなんて言葉が普通に使われるようになりましたが、一昔前まではノイズだらけのパソコンをオーディオ装置に組み込むなんて無駄!いやそれどころか同じ部屋に置く事すら忌避されていました。それが市民権を得たのはこのDACがものすごい勢いで発展したからに他ありません。

うちはパソコンに直接イヤホンを繋いで音楽聞いてるよ?と言う方も多いと思いますが、その場合パソコンのマザーボード上でこのD/A変換が行われているのです。多くの場合(特にノートパソコンでは)音が鳴ればおっけー、とばかりにコストを極限までカットされ、さらにノイズに晒された環境でこのD/A変換が行われているため、出てくる音も良いとは決して良いとは言えないのが現状です。直接つないで聞いている場合は是非ともDACの導入を考えてみてほしいです。

DACでアナログデータに変換されたデータをスピーカーやヘッドホンで聞ける音量に調整する機材をアンプ(amplifier)と呼びます。アンプで増幅された音声がスピーカーやヘッドホンによって空気の振動させ、我々の耳に届いて初めて音が出るわけです。なるべく余分な説明を省いて簡単に書いたつもりですが、どうでしょうか。

DACにアンプと機材がいっぱい必要でお金もかかるし配線とかめんどくさそうでうわぁ……となっている方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心あれ!
DACの重要性とニーズがオーディオ業界でも認知されて来たのか、ここ数年はDACとアンプが一体となっているDAC機能内蔵アンプが増えてきています。もちろんなんちゃってのオマケ程度だったら勧めないのですが、意外と音的にも優秀なものが多いです。
また、逆にアンプとスピーカーを一体型にしたアクティブスピーカーと言うものも存在します。
こういった複合機を上手く利用してやることで、特に10万円以下のエントリークラスなどでは多くの場合で単品でそろえるよりも遥かに安く、より音が良いシステムを組めますのでビギナーの強い味方となってくれそうです。

各種の具体的な製品の紹介についてはまた次回以降にしていこうと思います。

ではまたーノシ