読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Monitor Audio Platinum Seriesが刷新

オーディオ

おおっ、ついに来たかー>挨拶

Monitor Audio unveils new flagship Platinum Series II speaker range
www.whathifi.com

f:id:laceon:20151222234609j:plain

最近なんだか展示品処分がいくつも出てきていたりでそろそろ来るかなと睨んでましたがようやくお目見え。
現在のPlatinumシリーズの発売が2007年だったので、なんと8年ぶりのモデルチェンジ。一般的な周期が4~5年と考えるとかなりのロングランの製品だったんですねー。
www.phileweb.com

pl100なんて一時期円高の影響で30万円を切る価格まで下がっていた時に買うか買わないか散々悩んだ挙句、結局当時は決心が足りずに買わなかったんですが、今考えるとあれはとんでもないバーゲン価格だったなぁ……。。一生の不覚。

さすがに805Dと比べると若干及ばない感じはあるものの、中低域の薄ささえ素っ気ないキャラクターと感じてしまう程の魅力的な定番スピーカーでしたね。いやぁ、本気で購入を考えていたほど大好きでした。

B&W800D3シリーズが旧来の製品とは全く違うと強調していたのに対して、モニオのは正統進化と言う感じ。画像を見た感じエンクロージャーは現在のと似たような感じだし、トピックにもあるようにユニットとクロスオーバーに力を入れたみたいですね。特にツィーターは"Monitor Audio says its MPD tweeter operates with a uniform output to over 100kHz"と書いてあって、素材は不明ですが周波数的には相当優秀みたいですね。
それにやはりなんといってもPL500Ⅱの存在でしょう!!モニオ初の超弩級スピーカー!こんなの作ってったのかよw
本来は別のシリーズとして扱うようなフラッグシップにまで力を注いでいるシリーズなんだから、その同一のユニットが使われるPL100Ⅱが悪いものであるはずがいない、とばかりに否が応でも期待は高まるってもんですよ!

ちなみに今度のPL100Ⅱは£3150だそうで。現在のPL100は£2,500なので、25%の値上げ。それに輸入代理店もいつの間にかハイファイJPNからナス●ックに変わってるようですが、あそこって結構強気な価格設定が多いので心配だなぁ。Vienna Acousticsなんて前は安いのに音が良いというのが強みだったのに、為替の影響があるとはいえ今じゃに倍近い値段付けられてて驚愕でした。
ただ今現在最大のライバルであろうB&WとKEFのフラッグシップがどちらも80万近い価格設定となってしまったので、今こそ多少安めの設定をして価格帯的に805Dの後釜として新800D3シリーズに手が届かない層の定番商品として売りだしたら絶対に覇権取れますって!!

ただ心配なのはPlatinumシリーズの一つ下のランクのGOLDシリーズでウーファーユニットの破損が価格コムのオーナーの投稿に乗っていたり、エントリーのBRONZEシリーズではエッジが何年もしないうちに傷んでしまったなんて話があったりと、ちょっと品質管理に疑問が浮かぶ部分が見え隠れしているところ。最新のGOLDシリーズも梱包材の不備で傷がつくなんて話も見たからなぁ……。値上げした分フラッグシップシリーズくらいは中国ではなくイギリス本国生産でしっかりと作ってくれていれば嬉しいですね。

それにしてもB&Wの800シリーズ、KEFのreferenceシリーズ、ELACの314、DALIのHeliconシリーズと、買うか買わないかはともかく有力な買い替え候補のスピーカーとして何度も試聴させてもらった各メーカーのフラッグシップ級シリーズが続々とモデルチェンジしていってしまってなんだか寂しいなぁと。残っているのはFocalの1008とDynaudioのC1Ⅱだけか。いや、買えないけど。
お披露目は一月なので日本に入ってくるのは早くても二月ごろ?また改めて試聴させてもらおうっと。

ではまたーノシ