読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モニターオーディオから新旗艦スピーカー「PLATINUM SERIES II」登場

オーディオ

まってました>挨拶
英国大使館で発表会とか、気合の入れ方がすごいですね。
モニターオーディオから新旗艦スピーカー「PLATINUM SERIES II」登場。最上位「PL500 II」も (1/4) - Phile-web
欧米ではとっくに販売開始しているのに全く続報が来なかったので、どうなっちゃってるの!?と思ってましたが、これなら納得。
そしてなんと以前書いたNEW PLATINUMシリーズの記事でもご指摘頂いたのですが、高域はハイルドライバーのようです。
f:id:laceon:20160329171049j:plain
ELACのBS403とBS312、それからADAMのColumnといい、どちらも個人的に素晴らしい音を奏でていたので(後者は同軸リボンによる部分が大きそうですが)、モニオのも今までのカプトンリボンからあっさりリプレイスしてしまう程の完成度なのでしょう、きっと。ただ英国生産と言う文字は確認できなかったので、おそらく中つ国製でしょうけど。
プレゼン内容を見ていると、振動板だけでなく、ユニットのフレームにまで制振に徹底してこだわっている様子が伺えます。付帯音を減らそうとする現代ハイエンド系の方向性でも、エンクロージャーの材質ではなく構造からのアプローチって結構珍しいですよね。
サイズは全く同じ寸法だが重量は約2キロ増加、ユニットだけにしては重くなりすぎな気がするので箱も良く鳴ってるんでしょうか。クロスオーバーは2.8KHz→3kHz。旧PLシリーズもそうでしたが、モニオは各スピーカーで細かくクロスオーバーを変えているので、今回もそれぞれ最適なチューニングをしてくれてると信じたいところです。
プライスタグも思ったより普通と言うか、昨今の高止まりを考えれば良心的な方。これは代理店が頑張ったというよりは、モニオの哲学である"全世界共通価格"を貫いてくれているのが原因でしょう。ただこうなると割引がしょっぱくなる可能性が高いので、結果としてそこまでお買い得感は無いのかもしれません。

個人的に気になったのはデザイン。前はユニットを強調する感じでしたが、今回のはえらく地味だなぁ……。そして、で、でたーwwwユニットにサランネットはめるやつwwwwKefのReference1のサランネットもこのタイプで、見た時にうわーってなっちゃったんですが、モニオよお前もか……。
きっとスピーカー前面のディフラクションを低減する狙いで流行っているんでしょうけど、デザイン的にはどうも好きになれないんですよね。というかそこまで気にするのであれば、試聴時はサランネット取っちゃった方がずっと効果的だと思うので、単にマグネット式にしとけば付け外しも楽でいいと思うんだけどなぁ。
以前Focal806Vを使っているときはVデザインの余りのダサさにサランネットを自作したのもいい思い出ですが。

この様子だと四月中旬には試聴会がありそうな予感?現在気になる最右翼なので実際に音を聞くのが楽しみですねー。

ではまたーノシ