読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関東旅行記part1 大洗編

日常

先週の11日から14日にかけて関東方面へ旅行に行ってきました。>挨拶
以前書いたように、主な目的はAUGUST LIVE! 2016のハズだったのですが、振り返ってみるとライブ以上に純粋に旅を楽しんでいたような気がします。


往復の交通手段は、青春十八きっぷ。五回分で11850円、つまり一回2370円で一日JRの普通列車に乗り放題という、価格設定の低さが魅力的です。
その一方で大阪東京間10時間以上かかること、さらに乗換が多く、お盆の時期は混雑で座れないことも多い為大変疲れるのが難点だったりします。
今までもコミケの時にお世話になったのですが、これなら多少高くても他の交通機関使った方が良くね?というのが自分なりの結論だったのですが、今回は直前まで旅程を詰められなかった(当初は新潟にもよる予定だった)事が原因で、飛行機や新幹線はもとより、夜行バスすら碌に取れなかったため仕方なく選んだ節がありました。
ですが、今回は結果としては大正解。なんと往復とも乗車時間の7割方、それも120分を超える様な長距離の区間が全て座ることが出来たという我ながらとんでもない引きの良さをみせ、楽勝でした。長い移動時間も座る事さえできたら読書や睡眠に当てられてへっちゃらへ―です。

とまぁそんなこんなで楽々……とはいっても10時間電車に揺られ続けて初日は終了。
2日目は大洗へ。上野駅から常磐線水戸駅へ、そこから大洗へは大洗鹿島線、通称ガルパン列車で向かいます。
f:id:laceon:20160812094604j:plain
f:id:laceon:20160812101446j:plain
f:id:laceon:20160812094748j:plain
内部に至るまでまさにガルパンずくしでここまでやるか!と驚きます。所謂萌えアニメ系の絵柄がここまで公共機関で取り上げられるのって早々無いでしょうし。
ディーゼル者の独特の音と振動に包まれながら乗ること15分で大洗駅へ到着。
f:id:laceon:20160812152758j:plain
f:id:laceon:20160812101937j:plain
駅前の案内所の中までガルパン一色です。
道中にはこんな看板も!
f:id:laceon:20160812115839j:plain
リゾートアウトレットモール。劇場版にて知波単学園が駆け降りたエスカレーターはここに。
f:id:laceon:20160812105213j:plain
大洗町役場。
アヒルさんチーム「こ・う・た・い!」
西絹代「と・つ・げ・き!?」
f:id:laceon:20160812122626j:plain
f:id:laceon:20160812122645j:plain
劇中で壊されたお店も実在。というか、大洗の街並みがまるでそのまま使われていた事に改めて驚きます。
f:id:laceon:20160812121341j:plain
軒下ではダージリンがお出迎え。商店街を始め、あらゆる場所にキャラクターの等身大ポップとスタンプが置かれています。これを全て巡ってみるのも楽しいかもしれません?
f:id:laceon:20160812121457j:plain
大洗磯前神社大国主をお祭りした神社で、ガルパン劇場版でも登場します。
f:id:laceon:20160812130119j:plain
「麻子さん、右にフェイントいれてから左の道に入って下さい」
「ほーい」
f:id:laceon:20160812130427j:plain
坂の上から。
f:id:laceon:20160812130729j:plain
f:id:laceon:20160812132655j:plain
境内からはなんと鳥居越しに海が見えます。うひょー、なんというかたまらない風景ですよね!?> <
f:id:laceon:20160812133736j:plain
「ミホーシャにできることはカチューシャにだってできるんだからね!」
思ってたより高いし急でした。戦車で良く降りようと思ったな?
f:id:laceon:20160812133939j:plain
階段を下りた先から。本当はこちらから登ればよかったかも?
f:id:laceon:20160812134342j:plain
祭神の降臨地と伝わる、神磯の鳥居。海に立つ鳥居へと打ち寄せる波を眺めているだけでもいくらでも時間がつぶせそう……w
f:id:laceon:20160812135043j:plain
ほかにもKV-2に撃ち抜かれたホテルを始め、町中色々まわりましたが、どこを見てもガルパン一色……。圧巻です。
恐らく大抵こういったタイアップはキャラクターのグッズで街を彩るのに地元の人間がどちらかというと否定的、もしくは仕方なしに付き合っている様な印象を受ける事が多いのですが、
大洗はまさに町全体が自ら率先して楽しみつつ盛り上げていこうとしてらっしゃるような雰囲気がひしひしと伝わってきます。
またガルパンは置いておくとしても、実際に訪れてみて大洗は風光明媚でまた来てみたい!と感じる様な大変いい街だったと思います。今度はもう少しゆっくりと楽しみたいところです。
次回part2へ続く……。

ではまたーノシ