読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できない私が、くり返す。 岩出山 未喜シナリオ 感想

ギャルゲー レビュー、感想とか

残暑お見舞い申し上げます>挨拶

煩いと思っていた蝉の声もすっかり耳にしなくなると、ああ夏が終わったんだなぁとちょっぴりさびしく思う今日この頃。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。自分はというとようやく夏の仕事から解放されて少し穏やかな日々が戻ってきそうでホッとしていたり。
夏の間にやろうと思っていた夏ゲーが色々とあるのですが、それも早めに手をつけねば……!と思ってますが、とりあえず先に先日プレイしたできない私が、くり返すの感想を書いて行こうと思います。
ネタバレは注記しますのでご安心をー。

できない私が、くり返す。

f:id:laceon:20160825170728j:plain

岩出山 未喜シナリオ

思わず頭をワシャワシャ撫でたくなるヒロイン。キャラもシナリオもワケアリなヒロインばかりの本作で、ある意味一番ニュートラル(普通のエロゲ的)な存在。
f:id:laceon:20160825165104j:plain
打てば響くという言葉がぴったりの、主人公との漫才のような弄り合いはもちろん、それに合わせて喜怒哀楽がはっきり出るタイプなのでころころ表情が変わるのを眺めているだけで楽しくなってきます。
f:id:laceon:20160825111710j:plain
どんなめんどくさいボケでも嫌な顔しつつもきちんと付き合ってくれるミキミキマジ天使!

とまぁそんな感じで未喜自身は後輩系ヒロインとして魅力的であるにもかかわらず、彼女のシナリオですが本作の呪縛からは逃れられなかったようで、大変残念な問題が……。
それは超絶シスコンな兄、篤史の存在。極端な性格はキャラクターの独自性を際立たせるのに役立つ手段なのでしょうが、篤史の"妹に近づく男はみんな敵だ!"とでも言わんばかりの敵意は作中では結果として主に陸へと注がれることとなっています。しかもその内容が刺すだの殴るだのコロすだの、口先だけとはいえ見るに堪えない暴力的で物騒な内容が多くて、正直言って見ているだけで不愉快になります。
f:id:laceon:20160827101810j:plain
出会って一分も経ってない荒ぶるおにーさんの図。正直頭おかしいんじゃないかと思いました(小並感

そしてシナリオでも当然のように絡んでくる……のは仕方がないにしても、結論から言っちゃうと未喜シナリオの主題が『篤史に妹離れさせるために恋愛成就させる』事なので、結果的に彼の為に頑張ることを強いられる展開に……。ポルナレフ風に言うと

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは 篤史の恋路に奔走したと
思ったら いつのまにか未喜と結ばれEDを迎えていた」
な… 何を言っているのか わからねーとおもうg(ry

f:id:laceon:20160827102557j:plain

いや、マジなんですって!なにせ篤史がくっ付いたので彼女とイチャイチャできるよう気を使って外出。未喜のひとりえちぃを見ちゃってたから妹以上の存在に思えてきて、そのまま告白からのえちぃシーン連続でED流れましたからね!!
もう一山、とまではいかないまでも、結ばれた後の未喜とのイチャラブや篤史に対して”お前の妹寝取って?やったぜ!やーいやーい!!”と事ある毎に煽ってやろうと思ってただけに拍子抜けですよ、本当に……。。
おまけで篤史の優男臭がプンプンする声も気に食わなかったので速攻で個別音声で切ったのは内緒。それでも声付き扱いの為、次の音声再生まで停止しない機能にまで食い込んできやがります。
どこまでも未喜未喜との恋路を邪魔しやがってー!ふぁーーーっく!!

無償で働くということ

詩乃が亡くなり失意に沈む陸。彼が町をさまよった後に訪れたのは岩出山兄妹が経営するカレーレストラン、匙だった。これまで人助けの旅をしてきたという陸に、未喜は「うちも人手が足りてないけど、お金は無いからタダで手伝って欲しい」と冗談半分でお願いすると、予想に反しあっさり了承する陸。驚く未喜と篤史を尻目に陸の考えは揺るがず、結局賄い料理でカレー食べ放題という条件で匙で働く事となった。
その後陸は匙で働く間に兄妹との仲を深めていくのだが、私はこの部分を読んでいて引っ掛かりを感じてしまった。らーめん才遊記の芹沢達也の台詞が真っ先に浮かんだのは私だけだろうか。
f:id:laceon:20160827103123j:plain
時に丸一日シフトで入り、日銭を稼ぐための仕事も両立する。バイト前や終了後の一時間でも拘束されようものならやれブラックバイトだ!と声を上げる今のご時世に於いて、人によっては見ているだけで吐き気を催すようなブラックを超越したダークネスバイト案件に違いあるまい。
時計の力を試すというのが動機であるにせよ不特定多数の人間を対象に行う人助けがボランティア的な意味合いが強うのに比べて、兄妹二人だけを助けるとなると話は違ってくる。辞めたくなったからやーめた!とバックレでもすると、陸の事をあてにしていた兄妹は痛手を負うこととなってしまう。刹那的な人助けではなくなり二人との関係性を維持し続ける必要があるのだ。
また客の健康、極論を言うと人の生死も関与する可能性すらある飲食業である。従業員には人並み以上の倫理観と衛生観念が求められ、それは仮に無償の仕事であったとしても仕事の責任は当然他の従業員と同じレベルの物が求められることとなる。
意気込んでいる最初の内は良いだろうが、それが長期間に渡ってとなってくると、本当に見返りも無しに熱意をもって仕事に取り組み続けられるのかは甚だ疑問だ。
それをお互いに詩乃がいなくなってしまった人恋しさがあったとはいえ、出会って一か月足らずの人間、しかも常連ではあるものの何かしら深いかかわりがあったとは言えない関係の陸に気を許すのは、余りにお気楽すぎやしないだろうか。そして陸も余りに安請け合いし過ぎではないだろうか。

以下(あらすじ注意)

タイムリープ

未喜の為に香澄の告白を断った篤史。今まで世話になってきた兄に、自分のことを一番に考えてほしかった未喜と衝突してしまう。頑なに譲らない篤史と喧嘩になって落ち込む未喜の為、告白を成功させるべく陸はリープ!
しかし何度試そうと確定してしまった未来=篤史が香澄を振るというのは変えることはできなかった。
だが一度振られたからって二人が結ばれない運命だと決めるのは早計というもの、ちゃんと事情を説明すればお互い納得して無事結ばれましたとさ。めでたしめでたし。
f:id:laceon:20160827103152j:plain
f:id:laceon:20160827124039j:plain

次回、藍里シナリオ編へ続く……。
ではまたーノシ